zakee*

カテゴリー "キャンドル取扱説明書*" の記事

デコパージュキャンドルのサイズについて。


      LL.jpg

 
 zakee*で制作しているデコパージュキャンドルの大きさについてです。


 写真左から、「Sサイズ=直径4.8cm×高さ8.8cm」
    
         「Mサイズ=直径6.3cm×高さ6.3cm」

         「Lサイズ=直径7.8cm×高さ11cm」

         「LLサイズ=直径7.8cm×高さ16.5cm」

 
 ブログには、キューブタイプ高さがもっとあるタイプのキャンドルを載せていますが、
 それらは一般販売ではなく、オーダー販売とさせて頂いております。
 ご了承下さい。

スポンサーサイト

デコパージュキャンドル*ご使用いただく際の注意事項

活動拠点が移動したこともあり、
今まで以上に沢山の方にzakee*のキャンドルを
手にとって頂く機会が増えました。

現在はデコパージュキャンドルを中心にご紹介させて頂いておりますが、
このデコパージュキャンドルをより長く楽しんで貰うためにも、
ちょっとした、お手入れのポイント等をご紹介したいと思います。


◆出来る限り、風の当たらない場所でのご使用をおすすめします。
 (暖房器具等の送風によって炎が揺らぎ、キャンドルの外壁が決壊する可能性があります)

◆お買い上げいただいた際には、キャンドルの芯が長めになっていたり、
 タグが結んであるものもありますが、ご使用いただく前に、
 7ミリから1センチ程度に芯をカットしてお使いください。

◆キャンドルをご使用中に芯が長く出て、芯が丸まってしまう場合がございます。
 その際には、一旦火を消していただき、
 7ミリから1センチ程度にカットしてお使いください。

    芯ビフォー 芯アフター

◆芯に『マッシュルーム』と呼ばれる炭状の塊が出来ることがあります。
 そのまま放置してご使用になると、キャンドルの外壁の決壊や黒煙の原因となりますので、
 一旦火を消して塊の部分を切り落としてから、再度点火してください。

             マッシュ画像

◆ごくまれに、ロウの外壁のロウのみが溶けて、デコパージュ部分のみが残る場合がございます。
 その部分を残したままでご使用いただくと、デコパージュ部分が燃える可能性があります。
 その際にはハサミで、ロウがなくなったデコパージュ部分をお切りください。

       カットビフォー カットアフター

◆キャンドルの芯を短く切りすぎてしまった場合、
 使用後の固まった蝋に芯が埋まってしまった場合、
 炎が小さくなりすぎてしまった場合は、
 新聞紙の上など蝋が垂れてもよい場所で、芯が斜め下に向く角度で点火し、
 周りの溶けた蝋を捨てて、芯を長く出してください。
 溶けた蝋は、必ず新聞紙などで包み燃えるゴミとして捨ててください。

◆キャンドルは1回の灯す時間が極端に短いと芯だけ燃えて、
 ロウだけが残ってしまう場合があります。最低でも15分以上灯してあげてください。

◆香りをつけたい場合は、蝋だまり(蝋が溶けてたまっている部分)の芯から
 なるべく遠い部分に炎に触れないよう精油を1,2滴たらしてお使いください。
 しばらくすると香りが飛びますので、その都度でお好きな香りをお楽しみ頂けます。


とても長くなってしまいました…

このお手入れのポイントを1つで全然キャンドルのもちが変わります。
ぜひキャンドルのお手入れをしてみて下さいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。